JPOP GACKT “Sei Ippai No Sayonara” en español



今思えば何もかもすべて 君はわかっていたのかも
いま おもえば なにもかも すべて きみ は わかっていた の かも
ima omoeba nanimokamo subete kimi ha wakatte ita no kamo
En retrospectiva, quizás tú lo sabías completamente todo
それに気付かず暢気な顔して
それ に きづかず のんきな かお して
sore ni kidukazu nonkina kao shite
Y y con un rostro feliz y despreocupado por eso
ほら君を抱きしめてた…
ほら きみ を だきしめてた…
hora kimi wo dakishimeteta…
Mira, te abrazaba…
いつも僕のそばにいてくれた
いつも ぼく の そば に いてくれた
itsumo boku no soba ni ite kureta
Siempre estabas a mi lado
君は微笑みながら泣いていた
きみ は ほほえみ ながら ないていた
kimi ha hohoemi nagara naite ita
Tú llorabas a la vez que sonreías
戻れない時間の中で
もどれない じかん の なか で
modorenai toki no naka de
Dentro de un tiempo al que no podemos volver
僕らは大人になってゆく
ぼくら は おとな に なって ゆく
bokura ha otona ni natte yuku
Nosotros nos vamos haciendo adultos
今はまだ涙は見せない
いま は まだ なみだ は みせない
ima ha mada namida ha misenai
Ahora todavía no mostraré mis lágrimas
誰よりも愛していたから
だれ より も あいしていた から
dare yorimo aishite ita kara
Más que nadie yo te amaba
精一杯の僕の強がりで
せい いっぱい の ぼく の つよがり で
sei ippai no boku no tsuyogari de
Con mi aparente fortaleza (creada) con todo mi esfuerzo
「サヨナラ」を告げた
「サヨナラ」を つげた
“sayonara” wo tsugeta.
Me despedí con un “adiós”
何気なく笑い合っていた
なにげなく わらい あって いた
nanigenaku warai atte ita
Sin quererlo ambos nos reímos
二人の笑顔が消えたから
ふたり の えがお が きえた から
futari no egao ga kieta kara
Porque (vimos que) desaparecieron de la cara nuestras sonrisas
どんな小さなことでも 話し合ってきたつもりだけど
どんな ちいさな こと でも はなし あって きた つもり だけど
donna chiisana koto demo hanashiatte kita tsumori dakedo
Por muy trivial que fuera (el tema), quise (siempre) conversar contigo
ふたり離ればなれになること
ふたり はなればなれ に なる こと
futari hanarebanare ni naru koto
El que los dos estuviéramos lejos el uno del otro
それが君と僕のためと思ったから
それ が きみ と ぼく の ため と おもった から
sore ga kimi to boku no tame to omotta kara
¿Pensaste que sería por el bien tuyo y mío?
別々の未来の道を歩こうと決めたんだね
べつべつ の あす の みち を あるこう と きめたんだ ね
betsubetsu no asu no michi wo arukō to kimetanda ne
Decidiste seguir un camino en el futuro separados
一緒に歩いた家路に
いっしょに あるいた いえじ に
issho ni aruita ieji ni
En el camino que recorrimos juntos de vuelta a casa
僕だけの足音が響く
ぼく だけ の あしおと が ひびく
boku dake no ashioto ga hibiku
Solo resonaba el sonido de mis zapatos
君と愛し合えたすべてが 木漏れ日に消えた
きみ と あいし あえた すべて が こもれび に きえた
kimi to aishi aeta subete ga komorebi ni kieta.
Todo lo que nos amamos se fue cual luz entre las hojas
今はまだ涙は見せない
いま は まだ なみだ は みせない
ima ha mada namida ha misenai
Ahora todavía no mostraré mis lágrimas
誰よりも愛していたから
だれ よりも あいして いた から
dare yori mo aishite ita kara
Más que nadie yo te amaba
またどこかで逢えるとしたなら
また どこか で あえる と した なら
mata dokoka de aeru to shita nara
En el caso que de nuevo, en algún lugar nos encontráramos
その時は笑顔で逢えるといいね
その とき は えがお で あえる と いい ね
sono toki ha egao de aeru to ii ne
Sería bueno que en ese momento sonriamos al vernos

1 comentario

コメントをください Deja tu comentario

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.